本日インタビューを成功したのは、それこそH音声、以前よりゲリラマーケティングの派遣社員をしている五人の中年男性!
集まることができたのはH音声、キャバクラで働いていたAさんH音声、現役大学生のBさん、自称芸術家のCさん、某タレント事務所に所属しているはずのDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「まず始めに、H音声始めた原因から確認していきましょう。Aさんからお願いできますか」

H音声 中部が町にやってきた

A(元メンズキャバクラ勤務)「ボクは、女性心理が理解できると思い始めるのはやめました」
B(大学2回生)「俺様は、中部荒稼ぎできなくてもいいと考えて始めましたね」
C(音楽家)「僕は、ジャズシンガーをやっているんですけど、中部まだアマチュア同然なんで全く稼げないんですよ。実力をつける為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのがベストなんで、H音声、H音声こんなバイトやりたくないのですがH音声、とにかくアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(有名芸能事務所所属)「うちは、○○って芸能事務所に所属してライブパフォーマーを夢に見てがんばってはいるんですがH音声、一度のコンサートで500円ぽっちしか入らないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトを仕方なくやってるんです」

我々はH音声 中部に何を求めているのか

E(若手芸人)「実を言うと、オレもDさんと近い感じで中部、1回のコントで数百円のけして楽じゃない生活してるんです。先輩に紹介していただき、サクラのアルバイトをしなければと考えました」
驚くべきことに、メンバー五名のうち三名が芸能事務所に未所属という至って普通のメンバーでした…、それなのに話を聞かずとも、五人にはサクラによくある仰天エピソードがあるようでした…。
普通に用心していればそんな男性に惹かれない筈なのにと推測するところなのですがよく言えば清らかで疑う心がない彼女たちのような女の人はおかしい人だと思っていてもその人から離れられなくなっています。
何人かの女の人が過去に暴力事件に遭遇したり殺害されたりしているのにそれなのにあんなニュースから教えを聞かない女子たちはよくない感じを受け流して相手にいわれるがまま合わせるだけになってしまうのです。
今までに彼女のされた「被害」は誰に聞いても犯罪被害ですし、言うまでもなく法的に罰をあたえることができる「事件」です。
しかしながらH音声 中部に交じる女性は中部、どういうわけか危機感がにようで、本当ならすぐに妥当な機関に訴えるようなことも、そのまま聞き流してしまうのです。
結果的に、H音声危害を加えた人はこれほど悪いことをしてもバレないんだ、中部容認して貰えるならどんどんやろう」と、よかれと思ってH音声 中部をうまく使い続け、被害者を多くさせ続けるのです。
「黙って許す」といえば、おおらかな響きがあるかもしれませんが、H音声その態度こそがH音声、犯罪者を増進させているということをまず知らなければなりません。
被害を受けたその時は猶予なく、警察でも1円もかからず、話しを聞いてくれる窓口でもどこでも良いのではじめに相談してみるべきなのです。