今朝質問できたのは、テレホンまさしくチャット近所、現役でステルスマーケティングのパートをしている五人の男女!
集まらなかったのは、メンキャバで働くAさん、現役男子大学生のBさん、テレホンクリエイターのCさん、某タレントプロダクションに所属していたはずのDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「始めに、テレホン着手したキッカケから確認していきましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(メンキャバキャスト)「ボクは、女性の気持ちが理解できると考え辞めました」

春はあけぼの、夏はテレホン チャット近所

B(男子大学生)「うちは、チャット近所ガッツリ儲けなくてもいいと思えず始められませんでしたね」
C(表現者)「ボクは、シンガーをやってるんですけどチャット近所、まだ素人同然なんでちっとも稼げないんですよ。ビッグネームになる為には光の当たらない所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんでチャット近所、こういうバイトでもやりながら、一旦アンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「俺様はテレホン、○○って芸能事務所に入ってパフォーマーを育てるべく奮闘しているのですが、一度の舞台で500円だけしか入らないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトをやろうと思うんです」

テレホン チャット近所でわかる経済学

E(お笑いタレント)「実を言うとチャット近所、私もDさんと似たような状況で、チャット近所1回のコントで僅か数百円の侘しい生活してるんです。先輩に教えていただいて、ゲリラマーケティングのアルバイトを始めることにしました」
意外にも、五名のうち三名が芸能事務所に所属しているという華々しいメンバーでした…、だがしかし話を聞いて確認してみたところ、テレホン五人にはステマ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。
D(ホステスとして働く)「ブランドのカバンとかおねだりしたら一発じゃないですか?わたしなんて複数まとめて同じプレゼントもらって1個だけ取っておいてほかは売っちゃう」
筆者「えっ?もらったのにそんなことになっていたなんて」
D(ホステス)「けど、テレホン大事にもらっとくワケないです。単にコレクションしても役に立たないしチャット近所、売れる時期とかもあるんで、置いておいてもバッグは使うものなので」
E(国立大に通う十代)悪いけど、チャット近所わたしもなんですけどお小遣いに変えますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)テレホン チャット近所を活用して何人もお金を巻き上げられているんですね…私は一度もブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんの話を聞きましょう。テレホン チャット近所ではどのような異性が交流しましたか?
C「高級レストランすら連れて行ってもらってないです。多くの人は、チャット近所パッとしない雰囲気で、チャット近所ヤリ目的でした。わたしなんですがチャット近所、テレホン チャット近所についてなんですがテレホン、まじめな出会いを求めているのでチャット近所、メールとかしてたのでいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「テレホン チャット近所を使って、どういった異性と探しているんですか?
C「夢を見るなって思われそうですけど、チャット近所医者とか法律関係の方とか国立大学にいるような出世しそうな人が好きです。
E(国立に籍を置く)わたしはですね、チャット近所今は国立大にいますがチャット近所、テレホン チャット近所だって、同じ大学の人もいておどろきます。ただテレホン、大抵はパッとしないんですよ。」
調査の結果としてテレホン、趣味や嗜好に偏りの激しい男性を敬遠する女性がどうやら人数が多いみたいです。
アニメやマンガにも抵抗がなくなってきているかの日本でも、まだ単なる個人の好みというとらえることはないのではないでしょうか。