つい先日の記事において女性専用テレホン、「いぷって 女性専用テレホンで仲良くなり、いぷって会うとその相手が犯罪者だった」という状況になる女性の話をしましたが、女性も驚きはしたもののいぷって、その男性を嫌うのではなく付き合うことになったのです。
そうなったのは、「男性の見た目が厳つくて、恐ろしさから断れず他の選択肢がなかった」と言ってはいますが、さらに詳しく聞いてみると、その女性も少しは魅力を感じていてそのまま関係を続けようと思ったようです。
前科にも色々なものがありますが、大ぶりとも言える長さの刃物で実の親を傷つけてしまったという事だったので、不可抗力などではなかったと思う人も少なくないでしょうが、それほど変わったところもないようで、女性専用テレホン女性に対しては優しいところもあったので女性専用テレホン、悪い人とは思わなくなり、交際が始まっていったという話なのです。
その女性はそのまま付き合い続けたかというと、たまに男性が怪しい行動を始めたりするので女性専用テレホン、自分から勝手に家を出ていき、結局は別れることにしたという結末なのです。

俺たちのいぷって 女性専用テレホンはこれからだ!

何か変な行動をした訳でも無いのに圧迫感を感じてしまい、二人で一緒に暮らしていた場所から、話し合いなどしないまま突発的に出ていくことにしたそうですが、どうも普通とは違う威圧感があっただけでは済まなかったようで、いぷってちょっとした言い合いにでもなると、手を出す方が早かったり、暴行だって気にしていないような動作で威嚇する事があるから、女性はお金も渡すようになり、他の頼み事も聞き入れて、一緒に生活を続けていたというのです。
先月インタビューできたのは、意外にも、いつもはサクラの契約社員をしていない五人の若者!
出席できたのはいぷって、メンキャバを辞めたAさん、普通の大学生Bさん、自称アーティストのCさん、某芸能事務所に所属していたはずのDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「始めに、辞めた原因から質問していきましょう。Aさんは後ほどお話しください」
A(メンズクラブ勤務)「うちは、女心なんか興味なく気がついたら始めていました」
B(就活中の大学生)「俺様は女性専用テレホン、ガッツリ儲けられれば何でもいいと思ってスタートしましたね」

1万円で作る素敵いぷって 女性専用テレホン

C(シンガー)「オレは、ジャズシンガーをやっているんですけど、長年やっているのにさっぱり稼げないんですよ。食えるようになる為には目立たない所からこつこつ下積みするのは不本意ですが女性専用テレホン、こういう体験をして、差し詰めアンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(某タレント事務所所属)「俺様は、○○ってタレント事務所でピアニストを育てるべく奮闘しているのですがいぷって、一度のリサイタルで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラの仕事をやっているんです」
E(お笑い芸人)「実際は女性専用テレホン、オレもDさんと近い状況で、1回のコントで数百円の貧乏生活してるんです。先輩に教えていただき、いぷってステマのアルバイトを開始しました」
たまげたことに、五人中三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属しているという贅沢なメンバーでした…、だが話を聞いて確認してみたところ、五人にはサクラ独自の楽しいエピソードがあるようでした…。
ライター「もしかして、芸能に関係する中で修業中の人ってサクラを仕事にしている人が少なくないのでしょうか?」
E(業界人)「きっとそうですね。サクラでお金を手に入れるって、シフト他ではみない自由さだし、私たちのような、急にイベントに呼ばれるような生活の人種には丁度いいんですよ。読めない空き時間にできるし、経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「一つの経験になるよね、女のキャラクター作るのはすごく大変だけど自分は男目線だから、自分の立場からかけられたい言葉を相手に話せばいい訳だし、男の気持ちがわかるわけだから、男性も簡単にのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ従業員)「意外な話、女の子でサクラをやっている人はサクラは男性客の心理がわかってないからはっきり言うと下手っすよね」
ライター「女性のサクラより、男性サクラの方が成績が上なのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「えぇ、そうです。優秀な成績を残しているのは大体男性です。だけど、僕みたいなのは女性キャラクターを演じるのが苦手なんで、いつも目くじらを立てられてます…」
E(芸人さん)「言わずとしれて、正直者がバカをみるのがこの世界とも言えますからね…。女の子を演じるのが大変で…俺も苦戦しているんです」
ライター「女キャラクターを作っていくのも、相当大変なんですね…」
女性の人格のどうやってだましとおすかの話に花が咲く一同。
そんな会話の中で、ある言葉を皮切りに、女性専用テレホン自称アーティストのCさんに向けて注意が集まったのです。
筆者「最初にですね、あなたたちがいぷって 女性専用テレホンを使って女性と会うようになったいきさつを順番にお願いします。
インタビューに協力してくれるのは、女性専用テレホン高校を中退してからは五年間引きこもり生活をしているA、「せどり」で食べていこうと頑張っているB、規模の大きくない芸能事務所でレッスンを続けていぷって、アクション俳優を目指すC、いぷって 女性専用テレホンなら何でもござれと語る、フリーターのD、ほかにも、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
誰もが二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自称自宅警備員)「俺は普段ずっと家にいるんですが、女性専用テレホンネットにつながっていたら、女性専用テレホンすごくルックスのいい子がいて、向こうからアプローチ来て、それから、女性専用テレホンあるサイトに登録したら、携帯のアドあげるって言われたんで、ID取ったんです。それ以降は直メもできなくなったんです。言うても、他の女性とは何人か出会えたので」
B(せどりに)「登録してスグはやっぱり、僕もメールからでしたね。女優みたいなルックスの人いて、一目ぼれしました。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトってのが、サクラの多さで有名だったんだけど、ちゃんと女性も利用していたので、今でも利用しています。
C(俳優志望)「私についてですが、役作りにいいかと思ってアカ取得しました。いぷって 女性専用テレホンを利用するうちに様々な女性に会う役になって以来使うようになりました」
D(アルバイト)「僕はですねいぷって、友人で使っている人がいて、勧められて手を出していきました」
最後に、最後となるEさん。
この人についてですが、オカマですので、率直なところ取り立てて話すほどではないかと。